無料ブログはココログ

他のアカウント

« 二宮和也、アイドルであるということ ③ | トップページ | 嵐が思う、【二宮和也】 »

2011年4月 3日 (日)

相葉雅紀、笑顔の奥に ①

にのみぃの記事に続いて、相葉さんの長文記事。 これまた、ずいぶん昔のものです

相葉さんの長文記事を上げるたびに思うんですが、相葉さんってたぶん嵐の中で一番、テレビの中のイメージと、インタビューでのイメージが違う人かな、と。 インタビューから垣間見れる相葉さんは、翔さんが言うようにまさに「思慮深い人」。 

テレビでいつも見せる明るい笑顔は、決してただ能天気に笑ってるだけじゃなくて、色々考えて、悩んで、傷ついて、それでもちゃんと心から笑ってるから、きっと見てるこっちにいつも元気を与えてくれるんだと思うんですよね。。 

私にとって、“ヒト”としての目標であり、心から尊敬している方です。

ホントに、「嵐でよかった

それでは、長文でもいいよって方は続きをどーぞ。。

***

雑誌から―。

雲ひとつない秋晴れの空。 スタジオの窓から差し込む陽の光に目を細めながら、「嵐」の相葉雅紀くんが現れた。 移動中の車の中でウトウトしていたのか、少しぼんやりとした表情ながらも、撮影スタッフ一人一人に笑顔で挨拶をする。 そしてちらりと衣装をチェックして、うんうんとうなずく。 今やトップアイドルとなった「嵐」の一員の相葉雅紀くんの今が、ここにあった。

11月に、「嵐」はCDデビュー11周年に突入した。 イベントも盛りだくさん、お祭りのようなデビュー10周年を終えても、まだまだ人気は留まるところを知らない。 そんなまさに“嵐”のような一年を過ごした心境を、相葉くんに聞いた。

10周年は、たくさんの方たちに感謝の思いを感じた一年だったと思うんです。 僕の中では、ひとつ、気持ちが次へと動くような感覚もありました。 『嵐』で考えた場合も、ひと区切りできて、またひとつひとつ一から頑張っていこうという気持ちになっています。 今年出したアルバム『僕の見ている風景』でも、その前がベスト盤だったからオリジナルアルバムとしては2年半ぐらい空いているのですが、ちょっと新しい『嵐』というか、“今の僕らが出せるアルバムはこういうものなんだ”ということを感じることができました。 と言いながら今も、10周年のお祭りみたいな状態がずーっと続いているイメージというか、終わってないというか。 ここからまた五人で加速していけるんじゃないかなという気がすごくしています

10周年の区切りと、今の「嵐」の再確認。 そんな体験は、彼にどんな変化を与えたのだろう。

毎日一緒にいるからというのもあるかもしれないけど、そんなに大きな変化は、自分にも、メンバーにもないですね。 僕も、日々いい方向に向かっていければいいなって思っているくらいだし。 成長? 成長してるんですかね、僕(笑)。 してたらいいなとは思いますけど。 でも今までの雰囲気というか、そういうものは変わらないでいたいなって思う。 徐々に周りも変わっていくし、その中でこれまでと同じ自分でいるというのは、すごく大変なことなんだろうなとは思いますけど。 でも、そうですね・・・。 メンバーとは、今後の『嵐』について話す機会が、昔よりは増えていると思います

成長を実感することはないと言いながらも、「嵐」としても個人としても、さまざまな新しい仕事が増え、多くの経験を重ねている。 「でも『嵐』だから、個人の仕事だから何かが特別ということは特にありません」と語る。

個人の仕事では、一昨年はドラマを、昨年は舞台をやらせていただいて、とてもいい経験になりました。 でもそこで得るものは、『嵐』の仕事をしているときに得るものと一緒です。 新しい個人の仕事でも、“じゃあ、やりましょう!”とみんなが一つの方向を向いて走っていくわけですが、僕たち五人もひとつのものをつくるということを、もうずっと一緒にやってきているから。 だから、『嵐』でも、一人の仕事でも変わりはないんです。

一人の仕事だからってプレッシャーを感じるってこともないかな。 役とかお芝居の内容によっては自分を追い込んで集中して稽古をすることはあるけど、プレッシャーとかはないかも(笑)。 デビューしたての頃ならそういうこともあったと思うけど、これでもだいぶ大人になったんで(笑)。 それにね、たとえば連ドラを3ヵ月間撮影していても、その間に絶対レギュラーの仕事があるから五人で会うんですよ。 だから離れている時期が長いとか、そんな印象もないんですよね

« 二宮和也、アイドルであるということ ③ | トップページ | 嵐が思う、【二宮和也】 »

A:相葉雅紀」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相葉雅紀、笑顔の奥に ①:

« 二宮和也、アイドルであるということ ③ | トップページ | 嵐が思う、【二宮和也】 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31