無料ブログはココログ

他のアカウント

« The world premier of GANTZ | トップページ | (何回目かの)お礼とお詫び »

2011年1月21日 (金)

嵐の記憶 ①

-雑誌から。

- ということで、今回、嵐のみなさんには25周年記念号の表紙を飾っていただきました!

: 25周年ってすごいよね。

: 倍だ。 12月号からスタートしたの?

- はい。 創刊号は少年隊のみなさんに表紙を飾っていただきました! 嵐のみなさんは、それぞれ13~15年にわたって、登場していただいております。 いまのレギュラー陣の中で、最も登場回数の多いグループです。

: 長老の域に入ってきたってことだね、オレらも(笑)

: そうだ(笑)

- 今月は25周年記念にして、嵐、25回目の表紙ですけど、“○○(雑誌名)の表紙”で印象深いものはありましたか?

: オレはやっぱりラガーシャツ着て、ななめに5人ならんで撮ったのが、スゲー印象的だな。

: オレもそうなんだよな(笑)

: なんでラガーシャツだったのか、いまだにわかんないんだよな(笑)。 “オレら、ワールドカップバレーでデビューしてるのに”って、思ってたもん。

: ハハハ。

: ななめに並ぶのがすごく大変だったんだよね。

: すごいシビアだったんだよね、あの配置がね。 ちょっとでも動くと、後ろの人にかぶっちゃう。

: そうそう。 あと覚えているのは、表紙の真ん中がくりぬかれていて、中が透けてるやつ。

: あったね~、ガクブチの。 覚えてる。 あと、ミシン目が入ってて、開けるものあったよね。

- あの表紙のときは、嵐の本編テーマの撮影で東京ドーム貸し切って、野球したんですよね。

: あ、あの用意してもらってたピッチピチの黒いユニホーム着たときね(笑)

: そう、そう、そう、そう。

: よく着たよな(笑)。 あのとき、光一くんも野球しに来てくれたんだよね。

: そうだった。

: あとさ、運動会もやらなかった?

: デビュー1周年くらいでしょ?

: 練馬のほうのグラウンドだっけ?

: そこで相葉さん、「思いっきり走ったら、足が取れる」って話になったんだよね(笑)

: そうだった、そうだった。

: 50m走だっけ?

-そうです。 みなさんすごい記憶力ですね。 ほかにもスポーツテーマだと、フットサルをやりました。 

: あ~、やったね。

: やった、やった。

: ニノ、髪を立ててベッカムヘアにしてたよね(笑)

: そうだった~。

: あれ、超ウケたよ。

: なつかしいね~。

: ほんと、いろいろやってる。

***

あっぶな・・・sweat02 危うく嵐が4人になるトコだったよ・・・。。(ねぇ、“”がたったの2行ってどゆこと?もっとしゃべってっ!っ!!)

久々なにのみぃ記事以外の記事です。。 

あまりににのみぃ記事ばっかUPしていて、ここ最近、ワタクシ、数名のご新規読者様から、「ニノ担」だと思われてしまったよーですが、えっと・・・いちよー担です・・・(ごにょごにょごにょ)。 まー、さとっさん担当とはいえ、副担は嵐5人だから、近からずも遠からずってカンジなんですけどね?

※ハナさんっ! 私も担で、同じくニノちゃんは「実は誰よりも愛情深い子じゃなの?」と思っておりますっ!!

そっれにしても、雑誌の取材で東京ドーム貸し切るって・・・景気がいい時代もあったのねぇ( ̄△ ̄;) 。。

« The world premier of GANTZ | トップページ | (何回目かの)お礼とお詫び »

雑誌ごと「嵐座談会」」カテゴリの記事

コメント


読んでて「o」 が
出ないまま終わるかと
思いましたよf^_^;
良かった。2回も出てきて(笑)

私は福岡在中なんですけど今、ヤフドム側にGANTZトレーラーが公開されてるんですよ〜☆
「ニノはいないんでしょ〜」って娘達は平常心なんだす(*_*)

イニシャル色分けしていただくとよく分かるもんですね。紅白の司会の時も「一体しゃべるのかsign02」と心配されていたあの方。私が強制連行したTV誌によると「堂々と喋り艶やかに歌い…」とその実力を遺憾無く発揮され大絶賛されてます勝手にハラハラするのもヲタの楽しみなのかもですね。な~んて、終わったので当日の自分のドキドキを棚に上げてしれっと言ってみます。
担当ですかあ…。私は誰が見ても分かりやすい“あいばか”ですが、“担当”というのはおこがましい気がしてしまって…情報量もかけてるお金も時間も労力もきっと他の方に比べたらずっと少ないと思うし。でも元気もらってワクワクしてます5人とも大好きなのは変わらないけど…それでも気持ちのかけ方はきっと違うかな。そんなの人それぞれだと思うんですけどね。
だから、BLUEさん見ていてすごいな、頭が下がるなあって思うことあります。雑誌のインタビューも几帳面に全員分UPして、取説も一人ずつ、コンビもそれぞれだったり。内容だって(毒に包まれているとはいえ…smile)愛ある文章だと私けっこうかんど~涙しちゃってます(お時間できたら是非天然コンビの取説を…お願いしますっ)。確か私も「櫻葉」って検索したらたどり着いたはずだし。そのうち「あなた誰担なんですか?」なんて質問もあるかもしれませんね。でもそれって逆にすごいかもって思うな~。私は…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277908/38562835

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の記憶 ①:

« The world premier of GANTZ | トップページ | (何回目かの)お礼とお詫び »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30