無料ブログはココログ

他のアカウント

« 翔ちゃんっ、雅紀のっ、アルバムトーク!! ③ | トップページ | 【嵐コンへの道⑤】 マナーのお勉強! »

2010年11月 8日 (月)

潤くんのアルバム解説講座

松本潤さんが雑誌で、アルバム『僕の見ている風景』の解説を行っていました。

①movin’ on

1曲目って感じだね。 1曲目にくるであろうっていうのがもともとあったっていうのもあるけど。 曲名もコンセプトも、いまの嵐を体現している曲です

②マダ上ヲ

これは、あんまりいままでになかったタイプの曲なんじゃないかな。 音が細かく展開されてるから、そのへんもおもしろいんじゃない? いろんなジャンルのいろんな楽器の音を使ってます。

③リフレイン

あたまのピアノと、全体的なコーラスワークが印象的だよね。 せつない歌謡曲っぽいメロディーで、ニノが上をハモってオレが下をハモるっていう、メンバー内での声の厚みが出ている。 それも印象的。

④Troublemaker

嵐っぽい曲だね。 新しいのが3曲あって、この曲がくることによって一気に嵐ソングの定番にいく感じが落ち着く。

⑤T.A.B.O.O

歌詞の中で“蜂の巣の奥の蜜”という部分が好きですね。

⑥サーカス

シアター系というか、世界観がけっこうはっきりした曲だよね。

⑦ギフト

いままでのラブソングっぽいバラード曲とは違った方向性というか。 愛情の方向が違うというか。 いままでとは違った対象への愛を歌った曲です。

⑧Everything

なつかしいよね。 改めて聴くと去年聴いてたときの感じと違っていて。 今年歯今年の印象が自分の中であるから、それを大事にしたいですね。

⑨Come back to me

非常に手の込んだことをやったなぁという感じですね、自分の中では。 もともとヒップホップがやりたかったんだけど、いろんな曲を聴いた中で自分にしっくりくるのがこの曲で。 コーラスもけっこう重ねてるから、レコーディングに時間がかかりましたね。 この曲には、たくさんのボクがいます(笑)

⑩マイガール

相葉くんの印象だな。 『マイガール』の主題歌だったからね。

⑪Magical Song

これは相葉さんって感じの曲で。 “It’s a Magical Song”と“Yeah”っていう部分に集約されてますね。 “Yeah”とは、まったく聞こえないあたりが。 “ひぇ~”とか“ひょ~”とか聞こえる(笑)。 ライブが楽しみです。

⑫let me down

展開が早い感じというか、言葉がつまっていて、メンバーがぐるぐる変わりながら歌う感じがすごい好きです

⑬Monster

ま、定番ですな。 定番なんだけど、音としてはすごく異質で不穏なところもありながら、ポップでキャッチー。 嵐らしい一曲です。

⑭Don’t stop

ディスク2の2曲目に『Don’t stop』というタイトルの曲がくるっていうのが非常にコンセプトを表してますね。 アルバム全体としては後半なんだけど、まだまだ止まらないぞっていう。 で、この曲はサビが好きです。 コーラスがわかれていく感じとか。

⑮静かな夜に

ひとことでいうとリーダーっぽい。 イントロ聴いただけでリーダーの曲だなってわかる(笑)

⑯むかえに行くよ

これはね、相葉くんから始まるのがすごくしっくりする曲だよね。 なんか、しっとりゆったりしてて、すごい好きですね。

⑰1992*4##111

まず、なんて読むんだろう?って思いますよね。 メロディーとか聴くとすごくニノっぽいなって思う。 ま、ニノが作った曲だし当然なんだけどね。 なんか、幸せが広がっていく感じがいい

⑱空高く

『最後の約束』の曲ですね。 これもまた嵐っぽい曲だなって思う。 ソロ曲が全員分終わってからの最初の5人曲っていうタイミングがすごく好き。 歌い回しとかも好きだし、5人っていうのを意識する曲だなって。 しっとりしてるけど非常に力強い。 先が広がっていく感じがする曲。

⑲Kagero

『空高く』のあとにこういう曲が入ってくるあたりがすごく好き。 これはね、この曲はこういうふうになるだろうって、最初に思ったとおりに仕上がったという、オレの中ではすごく安定感のある曲(笑)。 サビが好きですね。 Bメロからサビにくるあたりとか。

⑳Summer Splash!

全体的にしっかりした感じの曲が多い今回のアルバムの中で、爽快でラフで力が入ってないゆったり感がこの曲の特徴ですね。 5人でラップをやってるところが好き。 聴きどころとしては後半かな? よく聴いてほしいっ! 今回、曲もふくめて新しいことをしようっていうことでやってたんだけど、そしたら全体的にヘヴィな印象になったのね。 だから、1曲ぐらいポップな曲を入れたいってことで。 タイトルがつく前、曲を集めてる段階でのみんなの共通のイメージが“おバカソング”。 『ファイトソング』みたいに遊んじゃってる感じでやりたいねっていう話をしたうえで作った。 5人で歌う曲では最後にできた曲なんだけど、「もし時間が合えば、いっしょにブースに入って、みんなで遊んで盛り上がってる感じを録りたい」って言ったのが実現しました。 騒いでる声はちょっと聞き取りづらいと思うんだけど、がんばって誰が何を言ってるか聞き分けてほしいですね(笑)。 

***

この記事を初めに読んだとき、相葉さんの『Magical Song』での「“ひぇ~”とか“ひょ~”とか聞こえる」コメントに、「そうなのっ、そうなのっ、潤様っ!!happy02(大興奮)」と、年甲斐もなくひとり大はしゃぎいたしました。(←かなり恥ずかしい31歳) 

まーさーか、潤様と同じ発言するなんてっ!! 「私たち、気が合うねっ、潤くん!ここはもう、付き合っとく?(むふっheart02」とひとりで妄想にふけってたコトは言うまでもありません。。。(←ホントにどーしよーもない31歳) 

それにしても、翔さんのアルバム解説とは、やっぱり随分違いますなぁ。。(しみじみ) 翔さんの解説に比べて、もっと感覚的とゆーか。 自分が感じたままに話してる感じがとーっても潤くんらしい解説ですshine 

潤くんって一見、ぶっきらぼうな物言いも多いですが、言葉の端々から「メンバー大好き」「嵐大好き」っていう気持ちが伝わってくるんですよねぇ。 そして、私は潤くんのそゆトコ大好きですheart(←どさくさ告白・笑)

ところでどーでもいいコトなんですけど、「(『T.A.B.O.O』の)歌詞の中で“蜂の巣の奥の蜜”という部分が好き」発言に、即座に「やっだ、潤くんったら変態さんっheart04」って返した私は、きっと誰よりも変態だと思う件。(エヘ☆)←エヘ☆じゃない

« 翔ちゃんっ、雅紀のっ、アルバムトーク!! ③ | トップページ | 【嵐コンへの道⑤】 マナーのお勉強! »

CDごと」カテゴリの記事

コメント

〉翔さんのアルバム解説とは、やっぱり随分違いますなぁ。
私もそう思いながら読みました。翔くんは我が子をお膝にのっけて「うちの子なかなかやるでしょscissors」って慈しむように語る気がするけど、潤くんはあくまで“音楽”として客観的に見ている気がします。なるほど…これが「バランスいい」ってことなのかって。我が子と距離を取っているようでちゃんと見守るお父さんみたい。なのにたまに「嵐大好き」「メンバー大好きheart04」って照れもせずさらっと言っちゃうから…ドキッとさせられます。
そういえばこの間のA-STUDIOのにのみいは相葉さんとこ良いこといっこも言わなかったのに「大好きheart04」としか聞こえなかったな…。ちょっと笑っちゃいました。
それぞれが見ている「嵐の風景」なんですね~。
私も“変態潤様“大好きですgood

「Magical Song」、私は冒頭の "はじまりはいつも、discotic~♪"の部分が、「ビスコッティ」に聴こえてしょうがないんです(笑)。
そんな部分も含めて愛らしいなあ、と♪(←激甘)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277908/37592641

この記事へのトラックバック一覧です: 潤くんのアルバム解説講座:

« 翔ちゃんっ、雅紀のっ、アルバムトーク!! ③ | トップページ | 【嵐コンへの道⑤】 マナーのお勉強! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30