無料ブログはココログ

他のアカウント

« BLUEの母ちゃん | トップページ | 大野×奈良、展覧会クルーズ ⑤ »

2010年10月22日 (金)

翔さんのアルバム解説講座 ①

櫻井翔さんが雑誌で、アルバム『僕の見ている風景』の解説を行っていました。

①movin’ on

過去にもアルバムに1曲はこういう“踊れるカッコイイ系”の曲があったけど、そこからさらに一歩大人になって、余裕がある感じ。 ラップは元々入れる予定なかったんだけど、書きたくなって。 というのは、歌詞に何となく嵐とリンクする所を感じたので、そこをラップで引き寄せたのね。 だから俺個人としては“今の嵐のテーマ曲”になりうる1曲

②マダ上ヲ

ヒップホップ的な要素が強いんだけど、大人っぽい、首をタテに振るような感じもあり。 何ていうかな・・・“夜”の空気なんだよな、テンポもそんなに速くなくて。 これもラップ書いてます。 俺の勝手な解釈になっちゃうんだけど、テーマとして“心とカラダ”っていうのが浮かぶの。 カッコイイよ、すごいカッコイイ曲!

③リフレイン

ちょっと悲しい、心が離れつつある恋人たちの歌、かなぁ。 ミディアムで内容はしっとりしてるんだけど、一方でノリのよさもあるという。 アルバム聴いて冒頭3曲、いきなりカッコイイ曲がドン!ドン!ドン!と来るから、ちょっとこの導入には驚くかもね。 “聴いたことのない嵐”みたいなのが続くから。 この最初の3曲ってけっこう肝かも。

④Troublemaker

大人っぽい3曲でハッとさせた所で、ちゃぶ台バーン!!(笑) いい意味でブチ壊してくれるパンチのある曲だな、と改めて思うね。 忘れられないのは1月、名古屋でのツアー最終日に初披露した時のこと。 まだ発売もされてないのにお客さんとの掛け合いが成立したっていう。 分かりやすくてノリのいい曲ってのはこういうのを言うんだろうね。

⑤T.A.B.O.O

簡単に言うと、ラップ詞の引用だけど「今を忘れる刹那の恋と想い」っていう・・・ま、そういう曲です(笑)。 ラップの後半で、一言一句全く同じ韻を踏み続けて左右で掛け合いをしてる。 俺は文章の後半ワンフレーズで韻を踏むってことはよくやるけど、一文まるごと同じ母音でひたすらに踏み続けるっていうのはあんまりやってないから、そこが聴き所かな。

⑥サーカス

マイナーコードの恋愛の歌なんだけど、何かこれ面白いんだよなー。 ピエロや空中ブランコといった異空間のイメージに、非日常、つまり恋愛の世界が比喩されて歌われてるという。 サーカスの会場で夢見てるような、そういう世界観だね。 ちょっと密やかなAメロから入って、サビがすごく盛り上がる所も、感情の揺れみたいなのを表現してるのかも。

⑦ギフト

母に向けたバラード。 完全に主婦層人気を取りに行ってる・・・ってのは冗談で(笑)、この曲を聴いて自分のお子さんのことを想ってくれる方がいたらいいなと思う。 あとやっぱ、男ってのはマザコンなんだろうね。 やっぱこういう詞がスンナリ入ってきて、母の愛情の大きさを思い出したりするからさ。 男が歌うことによって成り立つ歌なんだと思うよ。

⑧Everything

去年のツアーで歌ったからもうアルバムに入ってるつもりでいたんだけど、(手招きしながら)「何だ、まだ残ってたのかお前!ちょ、急げ急げ!早く入れ」っていう(笑)。 シングルとしては穏やかな曲だったけど、やっぱアルバムに入ると鮮明な色を持ってるよね。 俺が思い出すのはPVの撮影。 5人で海岸沿いを歩いて、夕焼けがきれいでねぇ・・・

⑨Come back to me

「そこ来たか」って印象だったな。 今っぽい音だよね。 こないだ松潤が取材受けてるの盗み聞きしてたんだけど、何かラップにも挑戦してるとか語ってて。 全く、俺以外の人のラップを歌うなんてねぇ! お声かかると思ってたのに(笑)。 曲は『スーパーフレッシュ』のShigeoくん(SBK)の作で、やわらかい中に激しさ、熱さもあるんだよね。

⑩マイガール

前回のツアー最終日、アンコールで歌ったの。 その時スタッフが大型ビジョンを使って、ツアー中の思い出がフラッシュバックする演出みたいなのをやってくれた思い出があるなぁ。 ちょうど10周年と11年目のはざまにある曲だったから、あの頃の「ありがとう」が詰まってる思い出深い曲だね

⑪Magical Song

これヤッバイよ、俺そーとー好き!! メンバーみんな好きなんだけど。 イントロ聞いて5秒で「来たな相葉!」(笑)。 簡単にいうと“アガる曲”なんだけど、そのアゲ方が「2010年の今、このアゲ方で来るか?!」っていう(笑)。 主演したドラマの主題歌『マイガール』でしんみりしたと思ったら、いきなり飛び出てくる感じ。 最高だよこれ、マジで。

⑫let me down

片想いなのか両想いなのか、相手のことを想ってずっと妄想してる曲。 「It’s妄想なの、また」ってフレーズがラップパートで歌われて、曲の最後にもリフレインする。 ちなみに俺の中では「It’s妄想なの」と「いつもそうなの」のWミーニングです、はい。 あとAメロ、Bメロもちょっとエフェクトかけて遊んでたりして、音としても面白くなってる曲。

⑬Monster

俺この曲に関しては“二面性”ってイメージがあるんだよね。 まず曲自体も間奏でいきなり世界観が変わったりする二面性持ってるでしょ。 で、もうひとつの理由は、曲中でカッコよく歌って踊る表現者の嵐である一方、PVや歌番組だと歌以外の時間ずーっと悪ふざけしてた印象が強くて。 その意味でも“二面性”の詰まった曲なんだよ(笑)

⑭Don’t stop

イントロからプラスとか入ってて、いきなりアガるし、トラックも豪華。 曲の造りも不思議な感じなんだよなー。『Step and Go』みたいなというか、BメロはBメロでサビっぽくって、サビももちろんサビっぽいから、二度サビが来る感じ。 どんどん盛り上がってくっていうかさ。 そういう意味でもまさに“どんと・すとっぷ!”の一言に尽きる(笑)

⑮静かな夜に

まさに“大野智!”っていう感じ。 ミディアムで、ああ智君のソロこれだよな!っていう(笑)。 だから毎回そうだけど、コンサートでどう踊るのかが気になるよね。 おそらく今年も振付けまで自分でやると思うから、もしそうならどういう振りを付けるのかな?っていうのが、まあ毎度のことながら楽しみです。

⑯むかえに行くよ

これも「前に進もう」というメッセージの曲なんだけど、『Don’t stop』みたいに「進め進め!」っていうよりは、日常の先に何が待ってるんだろう?みたいなニュアンス。 で、歌いだしが相葉くんから始まるのね。 だからそういう曲(笑)。 ほら、『声』に象徴されるような“歌いだし相葉くん系”っていう1ジャンルがあるじゃん。 分かりやすいでしょ?

⑰1992*4##111

ニノの自作曲。 何か今回悩みに悩んで、バラードやったり、色々と二転三転あってこれに落ち着いたみたいなんだけど、これがすごくいいんだよな。 歌詞がね――ニノの曲はいつもそうだけど、1番2番でサビ繰り返しとかじゃなくて、頭から最後までで一本の物語になってる。 だから何ていうんだろう、歌詞カード見ながら聴きたい感じかな

⑱空高く

年始のドラマ『最後の約束』の主題歌だったんで、去年11月の超忙しい時にケツ叩かれながら必死でラップ書いたのに、OAでは見事にその部分は流れなかったという!(笑) だから僕としては温め続けたわが子がやっと世に放たれて嬉しい限りですよ。 ドラムのリズムがすごく印象的で。 シンプルだけどカッコイイんです。

⑲Kagero

今を強く行きながら、陽炎のような獏とした未来に進んでいく、っていう曲。 ha-jさんがアレンジしてくれてるから、何となし『途中下車』みたいな青春ソング・・・じゃないけど、ノスタルジックさや温かさがありつつ、ビートの強い曲になってる。 まぁ語弊はあるかもしんないけど“2010年版『途中下車』”みたいな感じじゃないかな。

⑳Summer Splash!

ラストは賑やかな一曲。 最初ラップでメンバー全員マイクリレーしていって、Bメロは2:3で歌って、サビは「お客さんもご一緒に!」みたいな。 後半部分のガヤを5人で録ってるときに急に神が降りてさ、「サマァ~スプラーッシュ!!」って技の名前みたいに絶叫したの。 それが見事採用されたのがちょっと自慢です(笑)。 この夏の大技、サマースプラッシュ!

***

このテキストをUPしてて感じたコト。。 「私がブログやtwitterに書いてるコト、翔ちゃんが言ってるコトとかぶりまくりだsweat01」 

意識して、パクったつもりは全くないんですが(それは犯罪)、知らず知らずのうちにこんなにも櫻井さんの影響を受けてるんだなぁ、と、しみじみ実感いたしました。。 

まあ、誤解を恐れずに書くのであれば、私にとって、”嵐”とは「櫻井翔が見せてくれている風景」なんですよねぇ。 翔さんが私たちファンに対して発信してくれてる情報が、私にとっての“嵐”観の大部分を形成していて。。 だからこそ、知らず知らずのうちに翔さんの見方が、自然と私の見方と重なってきてるのかもしれません。(まっ、“変態部分”に関しては私オンリーの部分なんだけど・笑)

そして改めまして、遅くなりましたが、オリジナルアルバム『僕の見ている風景』、ミリオン達成おめでとうございます!shine 

本当に何度聴いても聴き飽きるコトのない素晴らしいアルバムだと思ってます。。 このアルバムがそんなにも多くの人の耳に届いたという何ともステキな事実に今なお感動しています。 これからもがんばってねっ、嵐さんっ!!

« BLUEの母ちゃん | トップページ | 大野×奈良、展覧会クルーズ ⑤ »

CDごと」カテゴリの記事

コメント

翔君って、曲の紹介上手いですねgood
勉強しないといけないのに、
聞きたくなったcatface

・・・って言うかsign01
知らない曲ばっかりsweat01sweat01sweat01sweat01sweat01sweat01

本気で、この記事読んで嵐ごとに付いていけてない
ことに気づき、ヤバイsign03と焦らされ・・・笑

楽しめば良いのさnotesな~んて
開き直ってる所がますます、
危険ですsadヤバイぞわたし・・wobbly


それにしても、
翔さんまで
BLUEさんに影響与えてるのは、
ビックリですcoldsweats01

最初のころは、
大野さん?ぐらいしか
頭に存在してなかったBLUEさんがimpact

ま、自然と似ちゃうのは、仕方ないです。
BLUEさん。wink

本当にどの紹介も「なるほどー!そうそう!!」と納得させられるものばかりで
翔さんの賢さがにじみ出てますよねぇ。
私は「歌いだし相葉くん系」の一言に心の底から「そうそう!!」と思いました 。
それぞれのソロ曲の紹介もとっても分かりやすい中、
大野さんの曲に関してだけは「紹介」というより
「俺がコンサート楽しみ」という感じがにじみ出ていて
かわいいなぁ、と思いました 笑。

>雪桜さん

アラシゴトは自分で楽しめればいいんですっ!(断言)
私は嵐全員から色んな影響を受けて毎日生きてますよheart

>のりぞうさん

ホントにねぇ?(笑)
翔さんは、何年たってもイチバン身近な「大野智ファン」なんでしょーなheart02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277908/37352286

この記事へのトラックバック一覧です: 翔さんのアルバム解説講座 ①:

« BLUEの母ちゃん | トップページ | 大野×奈良、展覧会クルーズ ⑤ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30