無料ブログはココログ

他のアカウント

« 智くんに100の質問 ④ | トップページ | 嵐’s『夏の終わりの名曲』 »

2010年9月24日 (金)

大野×奈良、展覧会クルーズ ①

雑誌から―。

人気アイドルグループ、嵐のリーダーにして、近年は自身の個展を開催するなど、作品製作でも多彩ぶりを発揮する大野智。 テレビ番組の対談企画をきっかけに意気投合した二人は、同じものづくりをする人間として、今では互いをリスペクトする仲に。 今春、東京で7年ぶりとなる奈良の個展を、大野が訪問。 奈良自身のナビゲートによる、待望の展覧会クルーズが実現した。 初挑戦だった奈良の陶芸作品に、大野の反応は?

雑誌の記事などから、その仲良しぶりがファンの間で話題になっていた二人。 設営とオープニングで少々お疲れ気味の奈良は、大野が現れた瞬間に、「おっ、ちわーす!」と、元気に復活! 大野も、「ひさしぶりに会えた~!」と、本当にうれしそうだ。 「じゃあ、見る?」 挨拶もそこそこに、さっそく、展覧会クルーズが始まった。

【3メートル近い巨大な作品(White Riot)】

: うわっ、でかっ! スゲーーーーッ!!!

奈: ふっふっふっ、でかいでしょう?

: 全部、陶器なんだね!

奈: このセラミックの作品、粘土でつくったものを焼いて、できあがるんだ。 焼くと収縮して、思っていた形と違っていたりするから、結構難しいんだよ。

: 形をつくるだけで、終わらないんだね。

奈: タイトルはね、「白い反逆者」っていう意味。 俺の英語が下手で、外国人に「白いライオンか?」って言われちゃったけど(苦笑)

: 中はどうなっているの?

奈: 全部、空洞。 それでも重いから、なかなか上手くはつくれない。 何日もかけて、下から少しずつ粘土を積み上げていくんだけど、一度にたくさん付けすぎると、翌日、重くて落ちてしまっていたりする。

: わー、大変だ。

奈: 普通はね、こんなに大きいと、焼くと壊れるの。 それを壊れないように工夫して、乾かしながらつくっていくんだ。

: バランスが必要なんだね。 絵を描くのとは、また違うんだ。 これ、相当重そうだねえ。

奈: 1トン半くらいあるよ。 パイプでやぐらを組んで、5、6人でロープで持ち上げて胴体と頭を組み立てたんだ。 TVドラマの『怪物くん』に出てるチェ・ホンマンの何人分くらいかなあ(笑)。 彼を見慣れてると、そんなに大きく感じられない?

: ホンマンさんの顔、このくらいまであるんじゃないかなあ(作品の目のあたりを指して)

***

本当に「良かったね、大野さん」としか言いようのないこの企画。 こんな素晴らしい企画を考えてくれた美術出版社に感謝カンゲキ~です。。

『ZERO』の企画で、奈良さんと知り合って、仲良くなって。 この雑誌企画で、実際に奈良さんの作品に触れられて。。 

ずっと受身だった大野さんが、初めて自分から事務所に「やりたい!」って訴えたコトが世間に認められて、それがきっかけとなって、ステキな人との出会いに繋がっていく・・・。 なんだか涙が出そうです。。(気分はもう母親・笑) 

そーいや、奈良さん、お風邪を召してるよーですが・・・早く良くなるといいなぁ。。。

« 智くんに100の質問 ④ | トップページ | 嵐’s『夏の終わりの名曲』 »

O:大野智」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大野×奈良、展覧会クルーズ ①:

« 智くんに100の質問 ④ | トップページ | 嵐’s『夏の終わりの名曲』 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31