無料ブログはココログ

他のアカウント

« 嵐ヲタ(@海外)からの質問 | トップページ | 嵐の日常 ⑦ »

2010年6月11日 (金)

大野智の想い 【後編】

ロングインタビューの続きです。。

あまりに大野さんが好きすぎて、このインタビューを泣きながら、1時間ぐらいかけてタイプ(途中、『FREESTYLE』を読み直し、また号泣したり・・・)してたら、UPする直前になんと全部消えました(ホントにあっさりと・涙)。 

今度は別の意味で泣きながらタイプし直し・・・ 最後は、「もー何がなんでもゼッタイ終わらせてやるっ!!」と意地になってやってました(“鬼気迫る”とはまさにさっきの私のコト)。。。 なんか、せっかくの感動が台無し・・・(涙)。 

でも、ホントにホントにステキなインタビュー。 ワタクシ、このインタビュー内で大野さんの言葉に何回泣かされたか分かりません(長いからじゃなくて、ね?・笑)。 いつものことながら、大野さんの言葉に触れると「私はあなたが幸せでいてくれたら、それが私の幸せです」と言いたくなります。 声を大にして。。 

私は、本当に大野智が大っっ好きだっ!!(とりあえず、力いっぱい告白。キャッ

それでは、最後も長文ですが、それでもいーよって方はどーぞ

***

-舞台、連続ドラマ、映画とお芝居をやってきて、大野君はお芝居が好きですか?

: 好きだよ。

-どういうところに面白さを感じる?

: まぁでも、基本“作る”ことと同じだからかな。

-絵を描いたり、フィギュアを作ったりするのと同じ感覚?

: うん、それとか・・・自分自身も“作ってる”訳じゃん? その面白さもあるけどね。 自分じゃなくなれる時っていうか、そういう感覚もあるし。

-自分に近い人、自分と違えば違う程面白い、どっちが好き?

: そうだね、違うほうが楽?っていうのかな。

-なるほど。

: あの・・・嵐5人でやったドラマの時の、ああいう役がいっちばん難しい。

-ちょっと素に近いところもあるような・・・?

: そう、そういうところもあって・・・なんかよくわかんなくて困った(笑)。 ああいうのが一番わかんない。

-でも、今はその“わかんない”っていう状況も、平気な感じがする。 前は、すっごく考えて悩んで・・・っていう感じだったけど、今は“わかんない”ことも楽しめればいいっていう風に。

: うん・・・“ひとまずやってみよう!”っていう感じにはなるね。

-A型気質からも脱皮しつつあるんじゃない?

: そうだね、もう・・・あんまり細かいことが気にならなくなってきちゃった(笑)

-それは、どうしてなんだろう?

: わかんない(笑)

-やっぱり“慣れ”もあるだろうし、みんなで作ってるっていう空気がそうさせてくれるのかな。

: そうだね・・・楽しきゃいいや!になってきた、全部が。 絶対成功させなきゃ!とか・・・なくなってきちゃった。

-昔は、そういうところまで考えてたんだ。

: うん・・・やるからには!って。 舞台とかなんでも・・・自分に勝たなきゃ!って。 そういうのがあったけどさ。 今は、そういうことは考えないでやれてる。

-なんというか・・・あのチョー心配性だった大野君が、今そういう気持ちになれているっていうのは、何がきっかけだったんだろう?

: あぁ・・・それはやっぱりね、10周年が大きいんだよね。 去年が大きかった。 10周年ライブのスタートを国立競技場でやってから、去年の年末まで、10周年イベントだったり色んな機会をもらって・・・お祝いもいっぱいしてもらったし、みんなから“おめでとう”って言ってもらって・・・本当にすっごいたくさん言ってもらって、もうね・・・もういいよって思ったの。 凄く幸せだったのね。 こんなに恵まれてていいのかなって。

-あぁ・・・たしか当時も「幸せ過ぎて、ちょっと不安になる」って言ってたね。

: そう(笑)。 俺はこんな幸せでどうしよう・・・・・・もういい、俺は満足だー!と思っちゃったの。

-それぐらい幸せだったんだね。

: うん。 だから、かもしれない。 だからもう・・・あとは、なんだろう? 楽しんでやれたらいいって。

-それぐらいの幸せをもらったから、もう十分だよって。

: そうそう。

-そうかぁ・・・10周年を迎えられるっていうのは、凄く大きなことだから・・・そこに自分が至るとは考えていなかったのかな。

: かもしれない・・・そう。

-ここまで来れたし、こんなに幸せなんだ!って・・・

: そう・・・なる予定じゃなかったの(笑)

-(笑)。 嵐は、本当に幸せな形で10周年を迎えることが出来たよね。

: そうだよね。 メンバーとも色んな話をしたし、取材とかでたくさん振り返られてもらったし、10年やってこれてよかったって思った。

-自分でも変わったと思う?

: そう・・・だね、ふふ(笑)

-やっぱり変わったよね。

: 変わったかな。

-なんかさ、これはみなさんの気持ちを代弁してると思うんだけど・・・今のこの嵐人気は、大野君の力も大きいと思う。

: ええっ・・・俺なんもしてないよ。

-あの個展と作品集っていうのが起爆剤だったというか。 メンバーも「ウチのリーダーは凄いんだよ!」っていうのを大きな声で言っていたし・・・あんなにたくさんの人が来てくれた、見てくれたっていうのはさ。

: あれね、ビックリしちゃったよ。 謎だった(笑)。 個展もね、最初はあんな大きなところでやる話じゃなかったの。 俺的にはもっとこぢんまりとした、気になった人とかファンの子達にフラッと来てもらえるような場所をイメージしてたから。 あの場所に決まってからも、“こんなに広い会場でやるなんて・・・”って、スタッフもみんな心配してたもん(笑)。 それが、あんなに・・・たくさんの人が来てくれると思わなかった!

-しかも、嵐のツアーと一緒に、個展も全国をまわれたっていうのも・・・

: 凄いよね。 ほんとにビックリだった。

-あの作品集にある大野君の言葉は、みんなに響いたと思う。 「天才はいない。好きなことをずっとやり続けることが才能だ」っていう、あの言葉。

: 好き好きって・・・その言葉しか言ってないよね、あの作品集(笑)。 興味があって、好きなんだよ!ってしか言ってないんだよ。

-その気持ちは今も変わらない?

: 変わらないね。 あの時の取材、楽しかったねぇ(笑)

-胸の内にあんなにたくさんの想いがあって、あんなに話すことがあったのに、よくそれまで黙っていたなぁって思ったよ。

: ははは。 まぁでも・・・人に言うことじゃなかったんじゃないのかなぁ、今まで。 自分の中で、好きでやってたことだから。 ・・・・・・・じゃないかなぁ。

-例えば、こうして大野君の才能が広く知られた今だったら、「こういうテーマで作ってほしい」っていうような、アーティストとしてのオーダーが来てもおかしくないもんね。

: うん、でもやっぱりそれは難しいね・・・。 完璧に嫌いでもないなっていうのは思ったけど。

-テーマを与えられるのは嫌じゃない?

: うん。 日テレで嵐のスペシャルウィークをやらせてもらった時に、そういう感じだったよ。 オブジェを作った。 時間がなかったけど・・・。

-楽しかった? 

: 後半になれば、ね。 “見えて”くれば楽しくなるけど・・・最初はもう、マジかよ!って。 でも、自分の中で・・・期日までに2日間あったの。 で、自分で(作業にかける時間は)4時間まで!って決めてたの(笑)。 そのあと、ダラダラやりたくないから・・・スタッフさんは“何時になってもいいですよ”って言ってくれてたんだけど、それが出来なかったから、ずっと考えてたもん。 “あと2時間かよぉ・・・”って。

-相変わらず、期日を決めて自分を追い込むのが好きだね(笑)

: ふふふ。 凄い忙しい時に描きたくなったり・・・ね(笑)。 自分で作品を作るのは、そういうことがやれるけど、連ドラだと・・・やっぱりそれは出来ないなって。 睡眠時間が2時間とかだから・・・これで絵なんて描いたら、すぐ出発の時間だなって(笑)。 セリフ覚えなきゃなとか、風呂入らなきゃとか・・・色々しなきゃいけないし、そのあとちょっとボケーッとしてたらあっという間だもんね。

-描きたい時に描けないっていうストレスはないの?

: そういう時は楽屋とかで描いてた、暇だったからちょこっとだけ。

-今気づいたけど・・・やっぱり、そうやって描いてたのって舞台か映画の時だったね。

: うん。

-そこは、やっぱり舞台や映画っていうのは、ラストまでお話はわかっているから、見えてるっていう安心もあって出来たことなのかな?

: それもあるかもね。 連続ドラマは、最後まで何があるかわからないし・・・あと、映画の時はね、ずっと待ち時間で・・・あんなに待ってるなら描こうと(笑)

-『黄色い涙』の時も、撮影中は「役がつかめない」って不安そうにしてたけど、結局ちゃんとつかんでたもんなぁ。

: ・・・ははは。

-あんまり自分のことを話すのが好きじゃないんだろうなっていうのは、いつも思う。 自分の中のルールだったり決め事だったり・・・別に言うことではないって思ってるんだろうな。

: うん。 そうだね。

-しかも、それが当然だから・・・何か気づいた人に「凄いね」って言われても、「えっ、そうなの?!」「それって人に言うことなの?」って思うタイプなんじゃないかな。

: あぁ・・・うん、それもあるかもね。 なんか、自分で“僕はこんな感じでやっています”とか話すのって変だなって。 そういうの嫌なんだろうね。 だって、それを聞かされても、“えっ・・・で?それで何?!”って感じじゃない? 俺はそう思っちゃうところがある。

-そうか。

: まぁ、伝えなきゃいけない仕事なんだけど・・・ね。

-大野君は、そもそも“言葉”っていうのは好きなのかな?

: 言葉は嫌いじゃないよ。

-話したり、読んだり、書いたり・・・そういえば、奈良美智さんとお会いした時には、「家に帰って、その時に感じた気持ちを日記みたいに書いた」って言ってたよね。

: うん、その時の気持ちをメモみたいに。 奈良さんの絵も真似して描いたの。 それを写真に撮って、奈良さんに送ったもん。 “真似して描いちゃった~”って送ったら、“サンキュー”って返事くれたよ!

-ホントに嬉しそうに話すねぇ(笑)

: 奈良さんと会えたのは、よかった。 あのころは、今新しく描いてる絵があるんだけど・・・なんか変に迷って全然描けなくなっていて。 そういう自分の状態も話せたし、奈良さんと話して“そっかぁ”っていうことがいっぱいあったから。

-そういう“人との出会い”だったりも、もうこれ以上いらない!っていうぐらい、すっごいいい出会いがあっての“今”があるんだよね。

: うん・・・そうなんだよ。 俺が出会う人は、みんないい人なの。 ホント恵まれてると思う。 

-次の目標とか夢とか野望とか、そういう欲みたいなものがない?

: ない、ないない(笑)。 欲が全くなくなっちゃった・・・ないんだよなぁ。

-もう1回、個展をやること。 今は、それぐらい?

: うん・・・・・・そうだね。 まだ続けるんなら、まだやっていくんなら、釣りもいいけど・・・描いたほうがみんなに見せられるから。 釣りは自己満足だけで終わっちゃうから。

-もの凄い楽しそうな笑顔の大野君の釣り姿も、見たいですよ。

: あ、それも個展の一部に入れちゃえばいいんだ(笑)。 あぁ・・・描かなきゃなぁ。 なかなかたまらないんだよなぁ。

-アイドルっぽくない人だなぁっていうのは思ってたけど、欲がなくなっちゃった!って(笑)。 そもそも、昔から人前に出るのは好きじゃなかったの?

: 大っ嫌いだった(笑)

-そう考えると・・・不思議だよね、こうしているのが。

: ははは・・・人に見られるのが嫌いなの。

-アイドルって、見られるお仕事ですけど・・・?

: いまだにダメだもんなぁ・・・。 カメラに凄く寄られて撮られるのとか。 “なんだよぉ・・・近いよ(汗)”って思うもん。

-こんなに成長してるのに、そういうところが変わってない(笑)

: 根本から、苦手なんじゃないの?

-苦手なものを10年って・・・。

: ね。 不思議だよね。 だから・・・ホントに恵まれてるんだよ、俺は。

-でも、もっと幸せになっていいと思うよ。 もちろん、幸せな10周年だっただろうけども、もっともっと幸せになろうよ。

: ははは! もういいよ~(笑)

-贅沢もしないし、こんなアイドルらしくない人・・・なかなかいないですよ。

: (笑)。 楽しめればいい。 結果、楽しめれば。 それしか考えてないかもしれない。 何事も、結果楽しめたらいい。

-楽しめなかったり、それで苦しんだときもあった?

: あぁ、あるよ。 そうだね、欲がなくなっちゃったから・・・そう思うようになった。 悟り? 智が悟りをひらいちゃった(笑)。 欲っていったら、釣りぐらいしかないなぁ。 釣りたいっていうのもあるけどさ、また行きたい!っていう感じの欲だから。 海の上なら何時間でもいられるんだよ。 なんなんだろう、あれは。 でもさ、凄く幸せなんだと思う。 これだけ欲がなくなっちゃったっていうのは。

-この先に、何が待ってるんだろうね?

: そうだなぁ・・・まぁ、ゆっくりやりたい。 何事も楽しく、結果楽しいって思えたら、それが一番だな。 あと、とにかく今は、ドラマの撮影を楽しむよ!

« 嵐ヲタ(@海外)からの質問 | トップページ | 嵐の日常 ⑦ »

ドラマ・怪物くん」カテゴリの記事

コメント

BLUEさん、後編のUPありがとうございます~☆☆☆
大野さん、もう神様みたい。。。涙
何ていい子なんだろう。心がすごく綺麗で。日々文句ばっかりの自分、大反省です。凹

ほんとに謙虚で努力家で、色々な事に長けているのにって思います。

BLUEさん、私も言わせて下さいっ!笑
”私も大野さんが大好きですっ!”
これからも大野さんらしく♪

BLUEさん、大野くんの言葉が読めてよかったです。ありがとうございます。

まだ29歳なのに(すみません、私からするとまだまだ若いです・・・)いろーんなことを経験してきて、今の大野くんがあるんだなって思います。

大野くんの考え方に心を打たれました。子育てや自分のこととかで愚痴いっぱいになっちゃう日とかに思い出したいです。
何事も楽しく、結果楽しいって思えたら一番、っていいですね。

こんな素敵な息子さんを育てた大野くんの母ちゃんもまた素晴らしい人なんでしょうね。同じ「母ちゃん」として見習いたいです(笑)。

いつも笑わさせてもらってます♪

今回の大野君編。

感動しちゃいました★

大野君は素敵ですね♪

ってゆうか、お芝居が、フィギアとかを作るのと

変わんないって・・・・笑

神様
BLUE様
大野様

長々語っちゃいます。←

私は趣味で音楽をしておりまして……

でも、なんだか今年度は仕事がやけに忙しく、
大好きなはずの音楽が楽しめなくなっていました。

仕事もそれなりに面白いし、もういい年だし、音楽なんてやってて意味あるんかなぁとか思ってたんですよね。


「好きなことをずっと続けることが才能」

号泣。

救われました。

歌えるだけで、
幸せなんだ。
歌い続けることが、
夢なんだ。


って、思い出せました。

何かを成し遂げる為にやってるんじゃない。
歌うのが好きで、
一緒に歌ってくれる仲間が大切だから頑張れる。

ありがとうございます

>fairlyさん

大野さんって、確かに【神様】みたいです。。 みんなの“心の支え”ってイミで。。。
これからも一緒に大野さんへの愛を叫んでいきましょっ(←近所迷惑)

>ひまわりさん

大野さんの言葉って、すっごくシンプルで、心の一番深い部分に突き刺さりますよね。。
「何事も楽しむ」、これは本当に私の教訓にしたいと思ってます。
ちなみに大野母。私の憧れの存在でもあります。
いつか、大野母に子育て本出してくれないかなぁ~と密かに願っていたりもします。 ・・・子供はいないけど、絶対買うよ?(笑)

>雪桜さん

いつも笑っていただいて、ありがとうございます。
大野さんってホント素敵ですよね。

>あるぱかさん

私も大野さんの言葉にいつも救われている人間なんで、こうやってブログにUPするのは自分のためみたいなものなんですが、そういってもらえて嬉しいです。。
『FREESTYLE』、大野さんのすごく素直な言葉がたくさん詰まってます。
これは、大野ファンでなくても、心に響くこと間違いなしです。。
オススメですよ

ここ数日、「大野智」でググるとこのページがトップとか、ウィキペディアのすぐ次(要するに二番目)に出てくるんですよ~。

BLUEさんのサイトの認知度が急激にあがっているということでは?すごいっ!

>Cocoさん

ほんっとにねぇ、私もビックリしました。
ここ2、3日、検索「大野智」で、当サイトにたどり着いた方の多いこと、多いこと。 しばらくこのページ、消しておこうかな(笑)。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大野智の想い 【後編】:

« 嵐ヲタ(@海外)からの質問 | トップページ | 嵐の日常 ⑦ »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31