無料ブログはココログ

他のアカウント

« 美とは① 【潤】 | トップページ | 『BLUE』的、嵐の取扱説明書: コンビ編・【櫻葉】  »

2010年6月 2日 (水)

『藤子不二雄A×大野智』対談 【前編】

大野さんが、『怪物くん』のクランクイン前、原作者・藤子不二雄A先生と対談をされていたときのテキストです。 この対談記録を読んで、大野さんが、色んな雑誌や、ご自身のラジオで、先生との対談がいい刺激になったとおっしゃっていた理由がなんとなーく分かる気がしました。 やっぱり“大物”と呼ばれる方は違います・・・。

もうひと方、大野さんにとってすっごくいい刺激になってらっしゃってる奈良さんとの対談が載っているという『美術手帖』。 本日、三省堂(@Torrance)に注文したら、3回ぐらい聞き直されました・・・ そりゃそーだ。 フツー、LAから、んなマイナー雑誌(おっと失礼)、注文する奇特なヒトって私ぐらいでしょー(あ、Erikarenさんもされます?)。 その上、発売日から入荷まで少なくとも3週間はかかると言われ・・・。 それでも手に入れようとしてる自分が本気で怖い、今日この頃です。

って、前置きがまたもや長くなりましたが、藤子先生と大野さんの対談です。 またもや長文ですが、それでもいーよって方はどーぞ

***

4月から放送がスタートしたドラマ『怪物くん』。 特殊メークやCGを駆使して本格的に世界観を構築し、怪物くん=大野智、ドラキュラ=八嶋智人、オオカミ男=上島竜兵、フランケン=チェ・ホンマンという意外にもピタリとハマッたキャストにより、親子で楽しめるエンターテインメントに仕上がっている。

で、ここに実現したのが、原作著・藤子不二雄Aと、主演・大野智の対談。 ふたりはこの取材日が初対面であり、クランクイン前でドラマの全貌がまだ見えていない状況だったが、様々な共通点が見えてくる興味深いテキストとなった。

- おふたりが会われるのは今日が初めてなんですよね。

藤: そうなんですよ。 テレビとかでは何回も観てたんだけど、今日お会いしてすごくプレーンな印象を受けてね。 それに、皆さんが大野くんのことを話す時に、非常に気持ちのいい言い方で言ってるってことは、すごく嬉しいことで。

: 正直、僕のことを知ってくれていることに、びっくりしました。

藤: いや、とんでもない。 僕はテレビとか大好きで、結構熱心にいろいろ観てるからね(笑)。 それに大野くんの絵とか、造形が素晴らしいんでね。 非常に感心しました。

: ありがとうございます。

- 『怪物くん』が実写ドラマになると聞いた時、どう思われました?

藤: びっくりしました。 あれは何回もアニメになったんですけど、実写というお話をいただいて、しかも大野くんが怪物くんをやるっていうので、イメージがまったく湧かなくてねえ(笑)。 でも、そういう意外性が面白いんじゃないかと思って。

- 大野さんは、自分が怪物くんになると聞いた時はどう思いました?

: いや、正直もう、「なにを言ってるんだ」と(笑)

藤: はははは、やっぱり? そりゃあイメージ結びつかんよね(笑)

: ええ(笑)。 『怪物くん』自体は知ってたんですけど、「あれって僕がやっていいものなの?」って(笑)

- どういう役作りを考えてらっしゃるんですか?

: あまり作り込まず、ちょっと1回、普通にやってみようかなあと(笑)

藤: ははははは。 そういう感じでいいんじゃないですか?

: 怪物くんはすごくピュアなんだなあっていう印象があって。 人間界に来てなにも知らないし、わがままっていうのも、怪物くん本人はわがまがだと思ってないと思うんですよね。

藤: なるほどね。 逆にわがままやってることがかわいいというようなイメージだと、最高だと思うよ。 で、実は思いやりがあるというような幅が、大野くんだったら、ずいぶん出るんじゃないかと思って。 今回はもう、まったくお任せなので、新しい大野くんの怪物くんを作ってもらいたいと思ってるんです。

: 頑張ります。

上: ところで大野さんから見た怪物くんの魅力というのはどういうところなんでしょうか?

: マンガを読む限りでは、まったく憎めないというか、怪物くんがいるとなにかミラクルが起きるって感じがします。 1回事件が起きて、それを解決しようとするけど、もう1個別の面白いことが起きちゃうみたいな。 だから読んでても想像つかないんですよ。 「どうなるんだろう・・・あ、こっち行くんだ」みたいな(笑)。 それが面白くて。

藤: 自分でも先がどうなるかわかんないで描いてたんでね、この頃は。 シナリオとか一切考えなくて、ひとコマ目から描いてったんですよ。

: そうなんですか。

藤: もうまったく行き当たりばったりというか。 作者にも先が読めないから、読者にも読めるわけがないよね?(笑)

: あはははは。

藤: 最初ね、雑誌に連載の予告っていうのを出すわけですよ。 その予告を出す時に、僕はまだ怪物くんの顔が浮かんでなかったの。 怪物ランドの王子で、フランケンとオオカミ男とドラキュラを連れて人間の世界へやってくるという設定は考えてあったんだけど、怪物くんの顔自体は一切まだイメージがなかったんです。 それで苦し紛れにね、怪物くんが背中を向いて立ってて、フランケンとオオカミ男とドラキュラが、「わーっ!」てビックリしてる顔をしてる予告を描いたわけ。 3人の怪物がびっくりしてるから、さぞすごいだろうと読者に期待を持たせたんだけど、自分も考えてなかったんだからひどいよね(笑)

: (笑)3人の怪物は決まってたんですね。

藤: それは決まってたの。 だから、顔がいろんな顔に千変万化するとか、手が伸びたりするアイディアは、全部あとから考えた(笑)。

: (笑)そういうことだったんですか。 そっか、後ろ向いとけばなんとでもなりますもんね(笑)

« 美とは① 【潤】 | トップページ | 『BLUE』的、嵐の取扱説明書: コンビ編・【櫻葉】  »

ドラマ・怪物くん」カテゴリの記事

コメント

智さん、また奈良さんと飲んだみたいですよー。奈良さんのTwitterで、皆と乾杯したみたい。いいな、いいな~~

今日は、智さん、オフだそうです。そろそろ怪物くんの撮影が終わったのでしょうか。

さすがに、藤子先生とは、飲み会しないのかな?(笑)やったら、すごい豪快な飲み会になりそうですけどね

ふふふ、私は旭日屋書店さんなのでした。でも、三省堂にもよく寄ります。最近は大野君ファンだと知ってあちらから、これはどう、あれはどう?と言ってもらってます。すっかり書店さんの思うツボ!でも、松潤や翔君の本はまだあるけど、大野さんLAでは一番人気だそう!どの位ファンいるんでしょうね?

怪物くんDVDも発売になりますね。私は音楽系は初回限定盤が確実に入荷するか不安なので、初日にAmazonポチッ派ですが、本当、郵送料でどんだけ払っているんだ~ですよ。一人いくつもオーダーできれば、是非BLUEさんと一緒にお買い上げしたい位。

ここのところの私の出費は大野関連商品にほぼつぎ込まれてます。っていうか、Jストさんにつぎ込んでます!BLUEさんの言っていたとおり、お金かかります、ジャ二ヲタ。でも、幸せだからいいんです~。

昨日、KYO TO KYO見ました。大野さん、少年王子で可愛い~~。でも、つらい時期だと思うと切なかったです。

あと、日本のジャ二ヲタ歴、フォーリーブスから(怖っ)ていう方からのJRのVHSしこたまもらいましたので、もしよければBLUEさんにもお貸しします。

最後の約束も大宮満載ですね!
これからSFに3-4日いきますが、怪物君の重大情報気になります!長くてごめんなさい!

>Cocoさん

ホント、奈良さんと仲良しさんですねー
もうこっちが嬉しくなっちゃいます
藤子センセと奈良さんと大野さんの飲み会・・・考えただけでもスゴイ面子です。。

>Erikarenさん

VHS、マジですかっ?!!
ホントならめちゃくちゃ嬉しいんですけどっ!!
私、ホント中~高のとき(滝ツバ全盛期の頃)、Jr.大好きっコだったんですよねー。 ぜひっ、よろしくです!!
えっと・・・『最後の約束』は、現在実家にございます。。
『怪物くん』DVDは・・・当分いいかな。(あれ?) まー、割引になってたときを狙う予定です。
現在、北米ツアーのため(言霊、言霊っ!)、お金を蓄え中です

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『藤子不二雄A×大野智』対談 【前編】:

« 美とは① 【潤】 | トップページ | 『BLUE』的、嵐の取扱説明書: コンビ編・【櫻葉】  »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31