無料ブログはココログ

他のアカウント

« 11年目・・・そして 【相葉雅紀】 | トップページ | 『Arashi Aniversary Tour 5×10』座談会 ⑥ »

2010年4月21日 (水)

『BLUE』的、大野智の取扱説明書

なんか最近、やたらめったら“褒め”記事が多い気がして(あくまでもワタクシにしては、ね?・笑)、ムショーになぜだか“落とした”記事が書きたくなり、作ったエントリーがコレ(苦笑)。。 なんで一部(とゆーより大多数?)の方には大変不快かも。。 でも、あくまでも「愛あっての」冗談ですので、そこんとこご理解いただける方だけ、先にお進みください。。。

大野智

1980年11月26日に生まれ。 本人曰く、この日は『いい風呂の日』らしい。 でも、生まれた本人、お風呂は苦手。 なお、「9時7分、智誕生だっ!」との名言があるが、恐らく言った本人、もう忘れている。 

10年前なら「アイドルとしては終わってる」と言われていた三十路に、今年突入。 なのにもかかわらず、もはや驚異としか呼べない外見で、ただいま絶賛“怪物ランドのプリンス”として、まさかの「パパ」呼び連発中。。 ちなみに、そのありえない若さを保っているお手入れ方法は、“美肌”化粧水。 が、恐らく本来は、“美白”化粧水を使う予定だったんじゃないかと推測される。 

16年前から、実はミュージカル俳優専門事務所なんだけど、世間一般ではまったくそう認識されていない事務所に所属。 現在、トップアイドルグループ『嵐』のリーダーとして活躍中。 ちなみに、「“リーダー”というのはあだ名」という認識が世間一般に広まりつつあるが、一応本当は、『少年隊夢』という先輩の冠番組内で嵐のリーダーを決める際、(最終的にはジャンケンという形を取ったものの)本人以外のメンバーからの推薦を受けてリーダーになっている。 ただし、この事実、本人も完全に忘れている感がある。

その覇気のなさや、存在感のなさメンバーから“置き物”呼ばわりされた過去を持つ)から、長年、嵐ファン以外からは、「あ~、大野?歌担当要員だよね?」と失礼なコメントを多々頂戴してきているが、実は、(恐らく)嵐イチ熱狂的かつ狂信的なファン、通称『サトシック』を持つ。 ちなみに、『サトシック』として最も有名な人物は、櫻井翔。 

なお、嵐の人気が拡大するにつれ、その人数こそ増えているが、デビュー当初から『サトシック』たちの妄信ぶりは変わっていない。 『サトシック』の特徴としては、なんだかんだ言いつつ、結局、大野智の一挙手一投足すべてに、「ソコが大野さん(大ちゃん、智)のカワイイとこなの~」と言って、周囲からドン引きされていること。 もはや、その妄信ぶりは、“大野教信者”と言っても過言ではない。 ちなみに、大野教信者の教師として、最も有名なのはやっぱり櫻井翔だったりする。

今でこそ、個展をやったり、作品集を出したりしているため、「嵐イチの芸術家」として内外から評価されているが、個展前は、アイドルのグラビア撮影なのに爪の間に粘土が挟まっていて爪が真っ黒だったり、寝ぐせがついたままテレビのロケしてたり、髪も自分で“なんとなく”切ってたり、と単なる「変わりモノ」だと思われていた。 そんな大野智でもやっぱり『サトシック』たちは、「大野さん(大ちゃん、智)ったら、本当カワイイんだからぁ~」と目をハートにさせていたため、周囲から“かわいそうなコ”として扱われてきた過去を持つ。。

また、これまでの舞台やドラマの主演経験を経て、“演技力”には定評があるが、それと同じくらい、“ドラマ開始前に物議をかもし出す”ことにも定評がある。 さすがの『サトシック』たちも、毎回毎回ドラマの発表があると同時に不安になり、あちらこちらで激論を交わすのだが、結局、初回が始まるとやっぱり「さっすが大野さん(大ちゃん、智)、ホントできるコだわ~」とメロメロになり周囲をあきれさせている。

ちなみに、嵐イチの歌唱力を持ち、その歌声のファンも多いが、嵐の曲以外で歌うのは、吉幾三とドラゴンボールというちょっと・・・な選曲らしい。

なお、“謙遜”をまったくしないことでも有名。 褒められると本当に嬉しそうな顔になる。 ただし、決して調子に乗るタイプではないため、「今の嵐は凄い!」などのお世辞はまったく通用しない。 

また、小学校の先生の言葉どおり、「やればできるコ」。 興味を持ったダンスや、演技、アートなど、様々なモノを極めてきた。 現在、趣味として釣りにはまっているが、『サトシック』の間では釣りもいつか極めて、某松方さんのようにウン十キロのマグロを釣り、ワイドショーに出る日も近いのでは?と憶測されている。

将来の夢は、「パン屋になること」。 ただし、釣りの日以外の早起きは苦手なため、向いていないと思われる。 また、もうひとつの夢である「家を建てる」は、番組企画かなんかでもしかしたら近々実現するんじゃないかという予感も。 そのバアイ、第一候補は、パクリが得意なT○Sだが、最近、嵐は自分の局のモノ!みたいな主張が強くなりつつある日○レの可能性もある。

勢いのある嵐のメンバーの中で、唯一「勢いがない」と称されている人物だが、なんだかんだと着々とファン層を広げ、ジジババから子どもまで幅広い年代に愛される、ホントに何かのキャラクターみたいな人物である。

« 11年目・・・そして 【相葉雅紀】 | トップページ | 『Arashi Aniversary Tour 5×10』座談会 ⑥ »

取扱説明書」カテゴリの記事

コメント

読む前は“落とした”発言にどきどきしましたが、まったくそのとおり、で笑いました。
サトシックはまさに言葉どおり、罹ったらなかなか完治しない病ですよね~。それに、本当に大野さんって不思議なお方。
おっさんくさいし、でも赤ちゃんみたいだし、男っぽいし、中性的だし、いったい何なんだ~?でも、世間体とか見た目とかにとらわれず、GOING MYWAYな本当の意味でのいい男ですね。

>Erikarenさん

笑っていただき、あざーっす

最近、色んな番組に智さんが番宣でお邪魔してるけど、ここ最近の嵐人気のせいで、どこ行っても持ち上げてばっかで、正直嫌気が差してたんで、ちょっとした鬱憤ばらしです(笑)。。

でも、ズーム観る前に書いたんだけど、観たらバードさんが言ってたコトとケッコウかぶっててビックリしました。。。 
さすがバードさん。 彼もまた立派な嵐ヲタです

先日たまたまたどり着きました!
すごくいい記事ばっかりでずって読ませていただいてます!

もうすぐで、嵐と関わりの深い、ズームインが終わってしまいますね、もし良ければ、嵐大好きな羽鳥アナについても、おもしろおかしく書いてほしいです!

たまたま嵐ネタを検索していたらここにたどり着き、電車の中で笑いをこらえて(いや、こらえきれずにやけてます)読ませて頂いてます。
嵐の初心者の私としては大変勉強になりますます好きになる素敵なブログです。本当にたどり着けて良かった。ありがとうございます。

大野さんのファン?オタク?正直苦手・・・
アンリーさえ大人しくしててくれればな~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『BLUE』的、大野智の取扱説明書:

« 11年目・・・そして 【相葉雅紀】 | トップページ | 『Arashi Aniversary Tour 5×10』座談会 ⑥ »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31