無料ブログはココログ

他のアカウント

« 『Arashi Aniversary Tour 5×10』座談会 ⑧ | トップページ | 『BLUE』的、松本潤の取扱説明書 »

2010年4月25日 (日)

11年目・・・そして 【櫻井翔】

嵐の皆さんがこれまでの10年と、今後について雑誌で語っていました

-10周年を経て、デビュー11年目に突入しましたが、櫻井さん個人としては、今どんな心境ですか?

10周年をこれだけ祝っていただいて、「20周年をまた素敵な形で迎えたい」というのがひとつの目標になりました。 10年間を起承転結でわけるならば、今また新しい『起』をつくらきゃいけない。 20周年に向かう土台づくりとして、この1~2年で種をまく・・・、いや、その前に土を耕しはじめないとな、って感じです。

-それは嵐がいい20周年を迎えるために、個人として?

ひとりの仕事をしていても「だって俺、嵐だもん」という意識はいつもあるんです。 5人であることが本当に強く感じられた09年を経て、<5人でいるから自分がいる>という気持ちはより強くなりました。

-報道というジャンルへの参加は、他メンバーにない櫻井さんの特徴ですよね。 それに対してはどういう意識で取り組んでいますか?

すごく大切な仕事だと思ってますし、<報道番組に出ている櫻井翔がいる嵐>という意味で、嵐のカラーのエッセンスになってると思う。 一方で、ジャニーズ事務所全体を考えたときに、自分が前例そのものになっているという意識もあります。 後輩が出てきたときに、道をつくっておくと同時に、越えられない壁でいたい・・・違うな、恥ずかしくないように。 そうだ、恥ずかしくないように居続けたいという思いは強いです。

-今、嵐がいちアイドルグループという枠を超えて、とても大きな存在になっていると思うんです。

だったらいいけど(笑)

-本人が「そうです」と言いづらいとは思いますが、老若男女が嵐に注目しているという現状を、少なからず実感しているのでは?

僕らのことを知ってくださる方が増えたなという印象は、正直あります。 同時に、身近な存在に感じてもらえてるなとも思う。 ドラマでロケに出ると、おじいちゃんとかが「おう、翔ちゃん!頑張ってね!」って声をかけてくれて、さーっと行っちゃったり(笑)。 横に層は広がってるけど、僕たちの存在の高さは変わってない

-確かにスーパースターというのとも少し違う。

声、かけられるたびに本当にうれしいんです。 関東ローカルや深夜番組だけにでていた頃は、ちょっと地方に行けば「誰?」「あんた芸能人なの?名前何?」って状況が長く続いてたから。 <知ってもらえる喜び>が今、どんどん大きくなってます

-正直、「ちょっと疲れた」ってことは・・・?

デビューしてすぐに、10代の若いうちから周りがみんな自分を知っているという状況だったら、がんじがらめで窮屈だなって思ったかもしれないけど・・・。 うれしいと思える年月の重ね方をできたのは、財産かも。

-それこそ下積みのようなキツめのバラエティ番組にもたくさん出てましたよね。

その一つひとつの仕事が自分たちをつくってくれたから。 その瞬間、それぞれの仕事に対して、一点の疑いもなかったです。 目の前の仕事に向き合っていく真面目さは、5人とも持ち合わせていた。 ただ、よく『苦節何年』なんて振り返られることも多いんだけど、もっと明るい感じです。

-櫻井さんを含め、嵐のみなさんは、いつもグループに対する思いが強くて、つねに嵐への愛情を語っている印象があります。

僕らは最初、寄せ集めから始まってるから。 デビューしたときは『嵐』という表紙はついてたけど、中身は白紙だった。 そこから、「嵐ってなに?」って考えて、自分たちで嵐の輪郭をちょっとずつ描いていって、だんだん色がついてきて・・・。 だからじゃないかな、5人とも、嵐というものに愛着があるのは。

-自分たちで一からつくりあげてきた。

もちろん周りの方々がつくってくれた部分も大きいです。 ファンの人たちも「出来の悪い息子ほどかわいい」と思ってくれてるんじゃないかな。 「ウチのボンクラが、こんなに大きくなりました」って気持ちで見てくれてるかもしれないな(笑)

-では、最後に。 目標である20周年の時点で、どうなっていたいですか?

抽象的になっちゃうけど、みんなに愛されるグループでいたい。 「愛されるってなんだ?」というひとつの命題に対する答えを、これからもずっと探し続けていくんでしょうね。

***

毎回、インタビュー内容の素晴らしさは言わずもがななんですけど、ワタクシ、どーしてもそれよりも、「起承転結」とか、「年月の積み重ね」とか、「一方で」とか、「命題」とか言っちゃう櫻井さんに、愛を感じてしまいます。 だから硬いんだってバ、翔ちゃ~ん

« 『Arashi Aniversary Tour 5×10』座談会 ⑧ | トップページ | 『BLUE』的、松本潤の取扱説明書 »

雑誌ごと「アラシの未来と今」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11年目・・・そして 【櫻井翔】:

« 『Arashi Aniversary Tour 5×10』座談会 ⑧ | トップページ | 『BLUE』的、松本潤の取扱説明書 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31