無料ブログはココログ

他のアカウント

« 2009年を振り返って 【潤さん②】 | トップページ | 2010年“コレ”が来る! 【相葉雅紀の予言】 »

2010年2月 3日 (水)

嵐テレビ-『嵐の宿題くん』:松崎聡男さん

嵐のテレビ番組を担当するプロデューサーたちが嵐さんたちについて語っていました。。

僕が嵐についたのは『Cの嵐!』からなので、足掛け7年になるのかな。 それからずっと、僕と演出の三浦伸介チームでやってきています。 『C』はクレーム処理をしていたんだけど、まだアイドルの卵だったから、社会と関わるということで彼らの成長期みたいなものを見せたかったんです。 で、次の『Dの嵐!』で、おバカ実験も含めてサブカルの雄として彼らが成り立っていったわけだけど、ひとりずつの個性をつけるためにそれぞれのコーナーを作ったりして『種を蒔くからあとは自分たちで開拓してね』っていうセルフ・ドキュメントでもあったと思います。 『Gの嵐!』では学生服を着た応援団になったんだけど、コスプレっぽいスタイルから入ればキャラが乗っかるから、そこで自己表現の幅を広げていったと思う。 そして、『宿題くん』では小倉智昭さんという大御所の胸を借りて少し大きくなろう、っていう。 相葉ちゃんが小倉さんのことを『オグさん』って言った時は一瞬凍ったけど(笑)、今や小倉さんは暖かく後方支援をしてくれる方になりましたからね。 年上の人の心も開かせる力を持っているのが嵐のハートの深さだし、大きな魅力なんだと思います。 身近で見ていても嵐からは優しさを感じられるし、すごくちゃんとしてる人たちなんで、こっちも誠心誠意で真正面からぶつからないといけないって思わされるんですよね。 人として正しく導かれている気も、この人たちのお陰でしますし。 虎口のカリスマアイドルではなく、5人が横にいて見守ってくれているような存在感が彼らのよさだし、今の人気の理由なんじゃないかな。

時間帯も深夜からだんだんあがってきて、日テレの人もだんだん彼らのバリューを認めるようになって、っていう成長の過程を一緒に体験できているのは非常に嬉しいですね。 これからも一緒に大きくなっていきたいですけど、嵐はまだまだ秘めたる“引き出し”があるから、本当に楽しみですよね。

***

このインタビューを読んで、ホント宿題くんスタッフさんの愛の深さに感動しました。 今の嵐さんたちの面白さって、宿題くんスタッフさんが貢献した部分って確実に大きいと思います。

でもねぇウワサでは、新しい『嵐にしやがれ(仮)』は、宿題くんスタッフじゃないそーなんですよね(涙)。 ホームページに載っていた企画・演出の川邊昭宏さんはじめ、発表されてるスタッフさんは現在の『しゃべくり007』のチームらしく・・・。 『宿題くん』スタッフだったら、ゴールデンになっても大丈夫だよね!と思い込ませていたのに、この情報を聞いてま~た萎えております・・・。 

« 2009年を振り返って 【潤さん②】 | トップページ | 2010年“コレ”が来る! 【相葉雅紀の予言】 »

雑誌ごと「嵐テレビ」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐テレビ-『嵐の宿題くん』:松崎聡男さん:

« 2009年を振り返って 【潤さん②】 | トップページ | 2010年“コレ”が来る! 【相葉雅紀の予言】 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31