無料ブログはココログ

他のアカウント

« 翔さんから相葉くんへ | トップページ | 嵐のきままなきまりごと 【二宮さんの場合①】 »

2010年2月19日 (金)

斗真の生きた言葉。 【2】

斗真くんの雑誌連載から-。

最近、東京もホントに寒くて、夜なんか『ハナミズキ』でロケに行っていた時の北海道に匹敵するくらい冷えますわ。 なんせベッドに入った時のシーツがキンキンに冷えてる感じがたまらない。 あ、たまらないってのはキツいって意味で。 完全に靴下履いて寝てますもんね。 で、朝になったら必ず片方脱げてると。 で、朝一まずそいつがどこに行ったか探すところから1日が始まると。 でもよく靴下履いて寝ちゃいけないっていいますよね。 よい子は真似しないでください。

さてさて、相変わらず僕は『人間失格』の宣伝に精を出している日々です。 そんな中でも今角川書店さんから出版されている太宰治作品の全てのカバーを生田斗真がやらせていただいているというものがあります。 出版界でも初の試みという事で本当に光栄に思っています。 『人間失格』を始め、『斜陽』、『走れメロス』、『津軽』・・・などなど前10作品です。 ぜひともこの機会に太宰文学に触れてみてほしいと思います。 あ、レジに行く際には○○(この連載が掲載されてる雑誌名)も忘れずにね。

生田斗真版・『人間失格』も本当にたくさんの方々が手にしてくれているというのを聞いて嬉しく思っています。 もちろんそれは、太宰治作品の力の凄さだと十分に理解してますが、例えば太宰作品に今まで縁のなかった方々が「あ、生田斗真だ。ちょっと読んでみようかな」と小説を手に取るキッカケに少しでも・・・ほんの少しでも自分が関われていたとするなら、こんなに嬉しい事はないです。 今、映画雑誌や情報誌はもちろんですが若い世代の方々が読むような雑誌の取材もしています。 太宰作品はちょっと敷居が高いなって思っているかもしれない若い人達にその敷居を越える手助けを少しでも出来ればと思ってます。 それが自分が『人間失格』に関わったひとつの役目だと。 なのでこれを読んでいる皆さん、ぜひとも映画館に足を運んでみてほしいと思います。 その前に小説を読んで予習してもいいと思いますよ。 読んでるか読んでいないかで見え方もかなり違うと思いますね。 皆さんぜひに。

プライベート的には、久しぶりに家族旅行に行きました。 かなり久しぶり。 7、8年振りですかね。 駆け抜けた2009年のいい締めくくりになった気がします。 また行きたいですわい。 ま、その事はまたの機会に。 書かないかもしれんけど。 あはは。

***

えっ、斗真くん、最後のどこの方言ですか??? 北海道弁ってそんなコトバなの???

大変謙虚なおコトバでしたが、斗真くん版太宰作品を買った人は、確っっ実に斗真くんだから買ったんだと思うよ? だってメッチャキレイだったもん 残念ながら太宰治が苦手なワタクシですら、危うく全冊レジに持っていきそうになりました(ごめんね、踏みとどまっちゃった・苦笑)。。 

さて、そんな斗真くんが、以前櫻井さんもインタビューを受けていた西日本新聞に掲載された模様です。⇒西日本新聞 櫻井さんのインタビューもバックナンバーに残っていたんで、ぜひぜひ皆さん見てみてください。

・・・超ジブンゴトですが、実は現在夜中の4時近く。 リアル友達としこたま飲んで、そのままベッドにダウンし、3時近くに目が覚め、お風呂に入ったら今度は眠れなくなりました・・・(アホ)。 典型的なダメな大人やね(苦笑)。 靴下履いて寝るぐらいゼンゼン大丈夫です、斗真さん

« 翔さんから相葉くんへ | トップページ | 嵐のきままなきまりごと 【二宮さんの場合①】 »

嵐以外: 生田斗真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斗真の生きた言葉。 【2】:

« 翔さんから相葉くんへ | トップページ | 嵐のきままなきまりごと 【二宮さんの場合①】 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31