無料ブログはココログ

他のアカウント

« 近況の嵐! 【二宮和也】 | トップページ | 近年稀に見るかわいそすぎる流れだ! (by 二宮さん) »

2010年1月18日 (月)

神戸新聞

本日、実はアメリカは『マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー』(“I have a dream”の人です)で珍しくお休み! で、よーやく朝から『神戸新聞の7日間』をじっくり観れたんですが・・・ 

もう最初始まって1分経たないうちから、ボッロボロ。。(つけたばっかの化粧剥がれ落ちたし) このドラマを見始める前にちょうどハイチの被災状況を見たばかりだったから余計にきた・・・ 

今朝のニュースでちょうどハイチに取材に行っていた(医師免許を持つ)記者が、急に分娩が始まった現地の16歳の少女のお産を手伝うドキュメンタリーが流れてたんだけど、神戸の大震災のときもきっと妊娠してたり、子どもを出産したばかりだった人もいただろうなぁと思いながら見てました。 ハイチの被災状況も、記者の人やカメラマンの人が命がけで取材してくれてるおかげで、外側にいる私たちにもいかに状況が大変なのか伝わり、寄付をしたり、支援したりしようと思うきっかけになってるし、当時も、神戸新聞やその他の報道関係者の人たちの頑張りが、神戸にいる人たちの励ましになり、早急な支援につながったんだと感慨深く見てました。

でも、ホントこういうドラマこそ、翔さんがやることに意味がありますよね。 キャスターとして報道に携わっているからこそ表現できる思いがあるだろうし、逆にこのドラマをやることで得たことを報道の現場でぜひ生かしてほしいなぁと。。 それって、“俳優業”と“報道業”を兼業してる翔さんだからこそできることだし。

関西出身でもない翔さん(ぶっちゃけ、方言下手くそです翔さん!)がこのドラマの主役に抜擢されたのって、やっぱり報道での実績が評価されてるからだと思うし、普段『ZERO』で真摯にインタビュアーと向き合う翔さんが三津山さんを演じることで、単なるドラマではなく、ドキュメンタリーの要素がすっごく強くなった気がしました。 このドラマは嵐ファンだけじゃなく、(とゆーよりむしろそうじゃない)たくさんの人のたちの心に響くドラマだったんじゃないでしょーか。。 翔さん、ホント忙しい中お疲れ様でした。。。

« 近況の嵐! 【二宮和也】 | トップページ | 近年稀に見るかわいそすぎる流れだ! (by 二宮さん) »

ドラマごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新聞:

« 近況の嵐! 【二宮和也】 | トップページ | 近年稀に見るかわいそすぎる流れだ! (by 二宮さん) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31